9 Sep 2007

Economics: Making Sense of the Modern Economy

日本を出て10日が過ぎました。とりあえずはのんびりやっております。

Economics: Making Sense of the Modern Economy (The Economist)


やはり、The Economistの英語は非常に勉強になります。例えば
"Limited government, to be sure, is not necessarily clean; but unlimited government, history suggests, never is."
"Governments have the power, all right, but they do not always exercise it wisely. They are unreliable servants of the public interests."
とか、"Government governance"あたりに問題意識が強い自分に刺さるようです。

The Economistは、経済思想的にはlet global finance, product, labour markets work without government interventionとでも言うべき典型的な新自由主義のポジションでしょうが、政治思想的にはリバタニアリズムが近いかと捉えます。普段の記事は署名記事ではなく、雑誌として一貫性を保とうとしているのも特徴と言えるでしょう。

No comments:

Post a Comment